1.概要

以前ブログでテレワークで会社のパソコンにログインする際に、Tewm Viewer を紹介したが、Google ChromeにもWebブラウザー上でリモート操作をする拡張機能があるので紹介しよう。

2.設定方法

リモートデスクトップをする側とされる側のPCに、同じGoogleアカウントでログインし、Google Chrome で右上の設定のところから「その他のツール」の「拡張機能」を選択する。

左下の「Chromeウェブストアを開きます」をクリック。

左上の検索窓で「remote desktop」と入力して検索します。

「Chrome Remote Desktop」を選択し、画面の指示に従って拡張機能を追加します。

追加するときに、リモートされる側はPINコードを設定するところがあるので入力し、何かにメモしておきます。これは接続するときに使用します。

3.使用方法

Chrome Remote Desktop を起動します。

自分の Chrome Remote Desktop を設定したパソコンが表示されますので、選択し接続します。

先ほど設定してメモした PIN コードを入力するとリモート接続できます。

終了するときは、右側にメニュが出せますので、そこから「切断」を選択します。

ざっくりと紹介したが、ブラウザでリモート接続ができるので、簡単で便利である。


拡張機能を削除するには、先ほどの Chromeウェブストア で「Chromeから削除します」をクリックします。

格安でテレワークする方法については過去ブログのリンクを貼っておきます。

おすすめの記事
ファイルサーバの特定の共有フォルダが見えなくなった。使っている人は見えるのに他の人には見えなくなった。 上書き保存が出来なくなったり、コピーができなくなったりする。Windows10、Windows11同期センターの問題
ひとり情シス
ファイルサーバの特定の共有フォルダが見えなくなった。使っている人は見えるのに他の人には見えなくなった。 上書き保存が出来なくなったり、コピーができなくなったりする。Windows10、Windows11同期センターの問題
1.現象 ファイルサーバの特定の共有フォルダが使っている人のPCでは見えるのに他の人のPCでは見えなくなっていた。また使っている人のPCでは...