1.概要

Windows 10 は、Windows as a Service であり、Update により機能アップしていく Windows 最後のバージョンとされていたが、Windows11 が2021年度後半に提供される予定である。
一応 Windows10 のサポートは2025年10月14日まで継続される。


前回はシステム要件を調べて Windows11 が動作するかどうかを調べた。
Windows11 のインストール要件を満たしていれば、入手してインストールしたいところだが、不完全なソフトなので、元に戻そうとすると、再度 Windows10 からインストールし直さなければならない。今使っているアプリケーションも全て消えてしまう。それを避けるために今回は「Oracle VM VirtualBox」という仮想化ツールを使うことにした。これを使えば Windows10 上に VirtualBox を載せその上に
Windows11 をインストールすることになる。Windows10 の画面の中に Windows11 のウィンドウ
があるといったイメージになる。

2.Oracle VM VirtualBox をダウンロード

以下のサイトで Oracle VM VirtualBox がダウンロードできる。
https://www.oracle.com/jp/virtualization/technologies/vm/downloads/virtualbox-downloads.html

このようなファイルがダウンロードされる。

3.Oracle VM VirtualBox をインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックして「実行」

「Next」

「Next」

必要なものにチェックをつけて「Next」

「Yes」

「Install」

インストール中・・・

「Finish」

「VirtualBox の新しいバージョンがリリースされました」が出ることがあるが、「OK」

初期画面が立ち上がった。

あとは、この中に Windows11 をダウンロードしてインストールする形になる。





おすすめの記事
ファイルサーバの特定の共有フォルダが見えなくなった。使っている人は見えるのに他の人には見えなくなった。 上書き保存が出来なくなったり、コピーができなくなったりする。Windows10、Windows11同期センターの問題
ひとり情シス
ファイルサーバの特定の共有フォルダが見えなくなった。使っている人は見えるのに他の人には見えなくなった。 上書き保存が出来なくなったり、コピーができなくなったりする。Windows10、Windows11同期センターの問題
1.現象 ファイルサーバの特定の共有フォルダが使っている人のPCでは見えるのに他の人のPCでは見えなくなっていた。また使っている人のPCでは...